人間の体は、首から腰まで24個の骨が積み木の様に重なっていて、その骨と骨の間に神経や血管などが通っています。
脊柱管狭窄症の方は、その骨と骨の間が何らかの原因によって狭くなってしまい、神経や血管が圧迫されてしまうことによって、起こる腰の痛み・足の痺れ・歩きずらい・感覚異常などの、症状をが出ます。
脊柱管狭窄症になる原因は、特に、大きく影響してくるのは『姿勢』です。普段の姿勢で該当するものはございませんか?
・猫背・反り腰・片足体重・長時間同じ姿勢また、運動不足や、睡眠不足なども主な原因となってきます。
先程、あげたような悪い姿勢によって、背骨の自然なS字カーブがなくなってしまい、腰部に大きな負担がかかります。結果、椎間板が変形し背骨の前後軸がぶれ脊柱管が狭窄しやすくなります。
これらの症状は放っておくと悪化し予後が悪いため早期の治療が必要とされます。

こんな悩みの方が来院されます


治療後はこんな効果を感じられます









各院ご予約・問い合わせ
              ※ タップでお問い合わせできます

 四条烏丸院
  
            
  桂東口院 

        

茨木市駅前院