四十肩、五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」という疾患で、一般的に、40歳~60歳代の中高年世代に発症することが多く、腕を動かすことができなくなったり、肩が痛いといった症状が特徴です。

また、肩関節周囲の炎症ですので、肩こりとは別物です。
(肩こりは姿勢不良や筋肉の緊張により、肩や首の血液の循環が悪くなることで、痛みやだるさが発生するものです。)

四十肩、五十肩は主に3つの要因が挙げられます。

①腕の筋肉の先端にある腱の炎症
②上腕骨の周囲にある腱板の損傷や微細断裂
③骨と腱板の間の組織液が炎症を起こす石灰がたまってしまう〔石灰沈着〕
 
以上の要因がありますが、多くの場合は根本的な姿勢不良が原因にあります。

こんな悩みの方が来院されます


治療後はこんな効果を感じられます









各院ご予約・問い合わせ
              ※ タップでお問い合わせできます

 四条烏丸院
  
            
  桂東口院 

        

茨木市駅前院