坐骨神経痛が起こる原因として、様々なパターンが考えられますが、
一般的に多いのは日常生活での悪い姿勢や無理な動きから起こる、
腰やお尻周りの筋肉の緊張です。
腰やお尻周りの筋肉が緊張して固くなり、坐骨神経を圧迫することで腰からお尻周り、
太ももにかけての痛みやだるさ、痺れなどが症状として出てきます。

坐骨神経痛が改善しない・悪化する理由|

日常生活での悪い姿勢や無理な動きの蓄積による骨格の歪みが、
坐骨神経痛の原因である腰やお尻周りの筋肉の緊張を引き起こしています。
この骨格の歪みをそのままにしていると、坐骨神経痛の根本原因が
解決されないため、症状は次第に悪化していきます。
悪化するとひどい場合では、一人で立ち上がるのが困難な状態になります



こんな症状でお悩みの方が来院されます


治療後にこんな効果を感じられます











各院ご予約・問い合わせ
              ※ タップでお問い合わせできます

 四条烏丸院
  
            
  桂東口院 

        

茨木市駅前院