【マスク肩凝り】は 整体で解消♪

 

 

 頭痛は、血管が広がることで起こる「片頭痛」と、肩凝りなど筋肉の凝りから引き起こされる「緊張型頭痛」がある。
過去の調査では、国内の3割程度の人がこれらの頭痛や頭痛疑いを持っているとされる。「マスクを長い時間着けることで、頭痛持ちの人は重だるさを強く感じたり頭痛を感じる頻度が増えたりして、調子が悪くなっている人は多いのではないか」と思います。

 マスクの長時間着用は、耳を引っぱる圧がかかって肩の筋肉が凝り、緊張型頭痛を引き起こすことが推測されます。
また、マスク内の暖かい空気を吸い込むと血管が広がり、片頭痛を悪化させる可能性があるという。このほか、マスク着用を煩わしく思う心理的苦痛や、表情が乏しくなることで顔の筋肉の凝りが強まる、歯ぎしりや食いしばりが誘発されるなど、さまざまな要因が考えられるという。

頭痛は、トリガーポイント整体、や運動で症状が改善される。
また、冷たい飲み物を飲む対処法もあり、片頭痛にも効果があるといわれています。